白門45会支部」設立の経緯

 私たち昭和45年3月の卒業生は、大学紛争のため卒業式は挙行されず、母校を巣立ちました。その後、同じく卒業式が行われなかった昭和44年3月卒業生の有志の方々の働きかけにより、平成2年3月25日に昭和44年、45年の卒業生を対象に母校主催で20年ぶりに「よみがえる卒業式」として多摩キャンパスで挙行されました。これを機に両年度の卒業生をもって、同期会「白門44・45年会」が結成されました。次いで、同会は平成3年に中央大学学員会の年次支部「白門44・45会支部」として承認され活動をしてきましたが、年次支部の趣旨にのっとり、平成7年度の支部総会において、分離、独立させることが決議され、以降「白門45会支部」として今日も活動をしています。


支部設立 (合同支部) 平成3年
(単独支部) 平成7年

支部会員数 約700名(平成21年12月現在)

支部機関紙 白門四五録(5月、11月)年2回発行

支部会員名簿 1990年、2000年、2007年
*1996年に昭和45年3月全卒業生名簿作成*

支部会費

3,000円(年)

支部代表者 相場 有二 支部長

支部連絡先 事務局
:メール hakumon45kai@ad.wakwak.com
:tel 048-262-2979(平岩)

支部行事 支部総会7月第1土曜日
春・秋の歩く会
支部長杯ゴルフ会
囲碁・将棋の会(毎週土曜日)
忘年会12月第1土曜日
箱根駅伝応援1月3日
行事検討中:有志による青森県三戸町白門リンゴの会開催予定(9月上旬:1泊2日)