大学&スポーツ・他支部

トップページ > 大学&スポーツ・他支部

ホームカミングデーのご案内

ホームカミングデー

>>PDFはこちらから
本年より、10月第一日曜日に変更となりました。

10月後半では「秋の日は釣瓶落とし」そのような配慮から変更となりました。

特別企画(ビッグ座談会)「我が人生の大いなる軌跡」がテレビでおなじみの田崎史郎さんの司会進行で行われます。

大阪白門会から尾家名誉会長、平野衆議院議員が出演されます。

第3回白門駅伝大会も開催されます。奈良白門会がエントリーしています。

昭和43年卒の方、卒業後50年学員懇親会(ホームカミングデー特別企画)もあります。

多摩校舎に集合願います。

白門三重支部創立70周年記念総会のご報告

平成30年9月8日(日)に白門三重創立70周年記念総会が行われ松村会長、和歌山木村幹事長と西村が出席しました。

70周年記念総会 津都ホテルで120人の出席。
記念行事としてピアノ倉田真里さん、メゾソプラノ倉田志子さんのメモリアルコンサートが行われ懐かしい歌曲やピアノ演奏を聴いて1時間愉しみました。
企画は盛り沢山で、引き続いて学術講演会がありました。
【学術講演会】
経済学部 阿部正浩教授「人工知能(AI)やロボットとこれからの仕事」
70周年記念総会 ―これからのは働き方はどう変わるのか―という今、まさに最先端を行く話を具体的に分かりやすく画像をふんだんに使って話をされた。
AIの進歩により日本の労働人口の半分が代替可能になる。
技術的に可能か?、経済的に可能か?を検討すれば明らかになる。
トンネル工事でどれだけ変わったか?何が変わったのか?
中央線笹子(山梨県)トンネル あつみトンネル(山形県)
1903年2月完成 2007年7月完成
全長 約4,748m 約6,024m
工期 約6年 約2年
作業員 延べ 1,958,377人 延べ 39,000人

土木工事技術・工法革新とスコップシャベルの作業員による排出作業の差

現在における究極は「アマゾンの荷物、一般人が運ぶ時代」

に「集約される。
時代は秒針分歩 シンギュラリティは何時か?と思いました。
70周年記念総会 【総会】校歌斉唱で始まりましたがメゾソプラノの倉田さんにお願いするとの紹介で全員起立 録音は途中からですが初めてのことで驚きました。

      
小川会長からあいさつで国民的イベント箱根駅伝(視聴率30%を超える)での藤原監督の指導に期待したいと今年も熱っぽく話されました。
70周年に当たり白門三重、郷土の偉人(伊勢市出身)浜田国松学員の功績を紹介された。
>>濱田国松衆議院議員の「腹切り問答」(抜粋)
70周年記念総会 記念事業として支部から大学に対して30万円の寄付、学員会に10万円の寄付をされた。
田村顧問に感謝状の贈呈が続いた。
大学を代表して酒井総長が70周年お祝の挨拶と大学の近況について話された。
この夏の豪雨、地震、台風と連続した災害による被害を受けられた方々へのお見舞いと大学として支援をしていく方針であることを。
また、2019年4月より26年ぶりに新学部が誕生する。
国際経営学部と国際情報学部>>中央大学公式ページ
多摩移転以来の大改革が行われ生まれ変わります。と
懇親会は大変賑やかに始まりました。松村会長は近畿白門祭の企画を説明されご案内をしました。

ラグビー部関西遠征試合・懇親会のお知らせ

【中止】
平成30年7月7日(土)・8日(日)のラグビー部関西遠征試合は、悪天候の影響により、試合、懇親会共に中止致しました。
何卒ご理解・ご了承くださいますようお願い申し上げます。

箱根駅伝・藤原監督激励会のご報告

2018年4月20日(金)第66回兵庫リレーカーニバルに来神の陸上競技部駅伝藤原監督激励会が神戸花隈料亭豊福で行われました。

藤原監督激励会
兵庫県は西脇工業卒の藤原監督の地元、箱根駅伝6連覇の時に在学された走出会長、壽さん、吉川さんが昨年に引き続いて激励会を企画、36人出席。
この激励会には中央大学駅伝復活を願うOBの方々、父母連絡会から堀支部長と駅伝選手の苗村君、堀尾君、加井君、矢野君、井上君のお母さんやお父さん方も参加された。
32年ぶり優勝の72回大会第1区走者の石本さんも出席。
藤原監督激励会
藤原監督は緊急用件で見えませんでしたが、代わりに今年からコーチに就任の山本亮さんが出席。
山本さん(ロンドンオリンピックマラソン日本代表)は神戸・長田高校出身。
「コーチとして挑戦者として藤原監督と今年のチーム目標『全日本・箱根6位』を戦い取って行きますのでご支援をお願いします。」と短く力強くあいさつを。
この会には松村大阪白門会会長、山川滋賀白門会会長、浅田奈良白門会会長と近畿地区白門会幹部が出席。
心は全日本 伊勢路への応援に弾んでいました。
陸上部OB赤井さんから陸上部OB会や兵庫県における他大学の補強状況などについて詳細説明があり、40年卒の吉川さんから配布された「箱根駅伝 OBを含め発想の転換を提案 6連覇の分析から見習う」という資料に基いて6連覇の当時を思い出して熱っぽく復活への思いを語られた。
藤原監督激励会 父母会堀尾選手のお母さんから、今回の記念にとミニサイズの中央大学と刺繍をして下さった上に藤原監督のサインを東京までもらいに行ってもらったタスキを頂きました。
このタスキに山本コーチにサインをしてもらいました。
必勝祈願のお守りにしたいと思っています。

出席者からの駅伝強化費に、仕事の都合で出席が叶わなかった尾家会長からの一封を加えて、走出会長から山本コーチに手渡された。

山本コーチはお礼のあいさつで「有難うございます。このお礼については結果でお返しをさせていただきます。」と強い決意を述べました。
校歌斉唱後、記念撮影でお開きに。
豊福おかみの尾崎さん(S57卒)には大変お世話になりました。

大相撲春場所現役力士激励会のご報告

3月18日初日の大相撲春場所(大阪場所)を目前に控えて神戸・神仙閣で開催されました。
(相撲部OB会主催)40人出席

大相撲春場所現役力士激励会
高瀬武治 和歌山県庁相撲部元監督のご挨拶
「春場所を控えて大変重要な時に片男波親方、大鳴門親方、豪風関、矢後関、一山本君に来ていただいた。
春場所には豪風関は良い星を残して帰り入幕を、矢後関は頑張って入幕を狙えるようにさらに上を目指してもらいたい。
一山本は7番勝って十両になれるように期待している。」と激励された。
走出 兵庫白門会会長のご挨拶
親方と各関取の詳しいデータをもとに名場面を思い出して強い期待と激励の挨拶をされた。
豪風関
10年76場所頑張って来た責任の取り方なども考えたが気持ちを切り替えて稽古は十分積んだ、一場所で戻る。
まもなく39歳になるが皆さん観ていて下さい。
応援をお願いします。
>>豪風関 公式ブログ
矢後関
さらに上を目指して頑張ります。応援お願いします。
「ヤゴはオニヤンマに成れと」声がかかっていました。
>>矢後関 ツイッター
一山本さん
幕下11枚目、中央大学卒業後故郷北海道で公務員に。1年後、大相撲を目指して二所ノ関部屋に入門、序の口優勝以降連続勝ち越し、7番勝てば十両にというところ。
「十両に上がったら化粧まわしを贈るから」との声援が。
>>一山本さん ツイッター
>>日刊スポーツ記事
この会は毎年継続して実施されますのでより多くの学員がご家族揃ってご参加をお待ちしています。
大変楽しく賑やかな会でした。
記念撮影は走出会長のスマートフォンから、和歌山内畑事務局長のFacebookからもいただきました。
大相撲春場所現役力士激励会

一山本くんと左隣は駅伝苗村選手のお父さん
大相撲春場所現役力士激励会

矢後関と。大きいでしょう。172㎝の私が小さく小さく見えます。

 

白門43会の卒業50周年を祝う会のご報告

2018年2月17日(土)、白門43会「卒業50周年記念式典・祝賀会」が東天紅・上野店で開催されました。
白門43会の地方幹事である大阪白門会会員の高橋さん(三田市在住)と私(西村)が出席しました。

龍門会長のご挨拶
校歌斉唱後、龍門会長は「健康で、お金があって、大学に愛着のある人が来ました」と・・・(会費1万円の重さ?)
120人の出席。
大村 中大理事長のご挨拶
来賓を代表して大村中大理事長は、入試の真っ只中ですが入学受験者が、昨年の7.2万人から1.5万人増え8.7万人となった。
大学改革は、国際経営学部新設で斬新的教育を行う、すべての教科を英語で行う、経営の専門科目を英語で授業と行うのは大変なことでドメスティックな中大においては画期的なことである。
学生、留学生を集めることは大仕事である。

ICT系の交通科学部なども俎上に上がっており、永い間6つの学部で来たが、中央大学の姿を変えて行く。
体育系の強化もします。
法学部の都心移転は、政府の規制の問題も絡み難しい局面にあるが、引き続き努力します。
皆さんの更なるご支援をお願いしますと挨拶をされた。
久野学員会会長のご挨拶
「本当に卒業50周年おめでとう。中央大学は今、新しい道に燃えている。皆さんのご支援のおかげである。」と話され支援の要請をされた。
 
その後2回にわたって、ノラコミュニケーション編集構成の昭和40年前後の学内の様子や箱根駅伝の実況などがプロジェクターで映写された。
白門43会の卒業50周年を祝う会 応援団のチアリーダー6名と団長、ブラスバンド10名による演技があった。

最後は恒例の惜別の歌でお開きに。

 

ホームカミングデーのご報告

2017年10月22日(日)に、ホームカミングデーが開催されました。

箱根駅伝予選会3位

10月14日(土)東京都立川市、陸上自衛隊立川駐屯地~国営昭和記念公園で第94回箱根駅伝予選会が行われました。
多くの学員が応援に行きました。
3位で予選通過、本番は目前です。皆様の応援をお願い申し上げます。

>>中央大学公式サイト
>>日本テレビ 予選会結果ページ

矢後関 祝 十両昇進

中大相撲部OBの矢後関が、このほど入門二場所で中央大学出身力士として14年ぶりに十両に昇進し、平成27年秋場所から関取として土俵に上っています。
来年の大阪場所では、囲む会など開催できればと思います。
皆さん、挙って応援しましょう。

中央大学から十両昇進のお祝いとして、化粧回し―紺地に銀糸の校章と中央大学名入り―、締込―校色の紺地―等が贈られています。

なお、中央大学相撲部から大相撲に入門して活躍されているのは、現役力士では幕内最年長の成田旭(平成14年卒・豪風)、山本大生(平成28年卒・一山本)、矢後太規(平成29年卒)の三力士と、親方としては松本良二(平成6年卒・片男波)親方、出島武春(平成8年卒・大鳴戸)親方ということです。

>>番付表(抜粋)
>>矢後関 手形

中央大学新理事長について

中央大学理事長に大村 雅彦法務研究科教授が選出されました。
>>中央大学公式サイト

アメリカンフットボール部〈ラクーンズ〉OB会のご報告

アメリカンフットボール
今年の関西遠征は4月29日、滋賀長浜ドームで関西リーグのナンバーツーともいえる強豪立命館大学との試合。残念ながら0-6で惜敗しました。

その前日である28日午後7時より、白門サロンにおいて、大阪白門会尾家名誉会長、今里先輩、また大学より橋本先生、森先生、ラクーンズより仁木監督他コーチの皆様にご出席いただき、OBの皆様と交流させていただきました。
毎年この時期になると、ラクーンズの関西遠征に伴いラクーンズの関西方面のOB会が行われています。
大阪白門会の伊吹さん(OB会副会長)と井口さんがお世話をされています。
ちなみに3月に講演をしていただいた清水健さんもアメフト部OBです。

ラクーンズは、本年創部50周年を迎えられて「中央大学アメリカンフットボール部 中・長期計画」を作成されています。
パワーポイント25頁にも及ぶものですが、人材育成、社会とのかかわり等、大学スポーツ部の今後のあり方を示す先駆的なものだと思われます。

関東制覇、甲子園ボウル優勝は長年の悲願ですが、昨年はその関東の覇者早稲田とは1点差の戦いをしていますし、上記の通り、関西の強豪立命とも互角の戦いをしており、今年は悲願達成もかなり期待できると思います。

大阪白門会としても、伊吹さん、井口さんらOBの皆様とともに応援、支援していきましょう。

 

サッカーFC岐阜古橋享悟君 京都サンガF.C.戦に出場します!!

FC岐阜にてFWとしてデビューした古橋君が、5月27日(土) 京都サンガF.C.戦に出場します。
背番号11 古橋享悟君は生駒市出身。
近畿地区の先輩方、応援をお願いします。

>>古橋 亨梧選手プロフィール(FC岐阜WEBサイト)

日時 2017年5月27日(土) 15:00キックオフ
場所 西京極スタジアム(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)
〒615-0864 京都市右京区西京極新明町29
対戦相手 京都サンガF.C.

 

理工学部教授 小松先生「インフルエンザに関する研究」記事掲載のお知らせ

理工学部教授(応用化学科)小松晃之先生『「インフルエンザウイルスを除去できるナノチューブ」に関する研究成果』が、2月15日付 日本経済新聞に掲載されました。

小松先生と慶応義塾大学医学部・石井 誠 専任講師の共同研究グループは、インフルエンザウイルスを効率よく取り除くことのできるタンパク質のナノチューブ(太さ約1万分の8ミリメートル)を開発しました。
25万個のウイルスをたった0.6 mgのナノチューブで完全に除去することができます。
全ての型のインフルエンザに適用できるため、ワクチン接種では100%予防できない感染自体を防ぎうる可能性もあります。
マスクの添加剤や喉スプレー薬としての応用が期待されています。

ご興味をお持ちの方は、以下のリンク先をご覧ください。
>>日本経済新聞記事ページ
>>中央大学小松研究室ページ
>>慶応義塾大学医学部呼吸器内科ページ

第65回全日本相撲選手権で26年ぶりに優勝

相撲部・矢後太規(やごたかのり)さん(法4)が第65回全日本相撲選手権決勝で、東洋大学深井拓斗さんを寄り倒しで破り、優勝・アマチュア横綱になりました。
>>詳しくはこちらから

Jリーガー誕生  サッカーFC岐阜古橋享悟君(生駒市)!!

奈良白門会新年会で父母会から出席されたお母さんが喜んで嬉しい報告をされました。
早く後援会を立ち上げようという声も出ていました。
皆さん応援をお願いします。
>>古橋 亨梧選手(中央大学)加入内定のお知らせ(FC岐阜WEBサイト)

ホームカミングデー白門学員祭のご報告

ホームカミングデー
2016年10月23日(日)第25回ホームカミングデー白門学員祭が開催されました。
ホームカミングデーには近畿地区白門会の方々も多く出席され盛り上がりました

記念式典では恒例の親子三代の表彰では白羽先生も、親子四代の堀場さんには拍手 ですね。
日本映画史上最大のヒット作といわれるアニメーション『君の名は』を手がけた中大OB「新海誠監督のトーク&上映会」も行われました。
美しい色彩と精緻な風景描写、繊細な言葉で綴られる男女の機微・・・現代の若者の心を捉えて離さない「新海ワールド」に今後益々の期待が寄せられています。
タイトル『君の名は』は大ブレークです。
>>『君の名は』公式サイト
盛り沢山のプログラム、辞達学会主催の「蓮池薫氏に聞く」今だから話せる北朝鮮拉致問題!を
インタビュアーは、NHK解説副委員長の島田さんでした。
(大阪白門会では来年、平成29年度総会に蓮池薫氏に講演していただくことになっています。)
「藤原正和駅伝監督に聞く」では会場に入りきれないほどの学員が詰めかけ、予選落ち、連続出場が途絶えて、「箱根駅伝の中央は何処に行ったのか」と激励ではなく総括集会のごとく、エールでなく厳しい苦言の連続でした。
OBの熱い思いで必ず復活は近いと思います。
>>学員時報オンライン「ハコネ起死回生」
今回初の企画となった第1回白門駅伝大会が開催されました。
この企画は昨年白門ミーティング近畿で奈良白門会浅田会長が提案され実現したイベントです。
「3時間のリレーマラソン」「1.1キロのコースを何周するか?」走行距離を競うものでした。
600人が参加。
運動部の現役、OB会などに加えて地域白門会からも。
来年は近畿地区で。
近畿地区白門会からもチーム編成をして参加を期待しています。
>>学員時報オンライン「第1回白門駅伝大会」
関西クラブでは東京へ転勤された元会員との前日の交流会なども開催されています。
近畿地区の白門会でもホームカミングデー参加の企画を実施されています。
多摩キャンパスは遠いですが集まりたいものです。